マンションを個人売買するメリット・デメリット

私たちがマンションを売却する際、不動産会社に委託して購入者を募ります。一方、個人売買という形で売却する方法もあります。この個人売買にスポットをあてながら、そのメリット、デメリットを考えたいと思います。

個人売買のメリット

手数料削減の魅力

一般的にマンション売却は、仲介業者を通して行うものです。おそらく多くの方は疑う余地もなく、そのような経験をしてきたことと思います。ただ、直接、購入希望者と売買することもできるので、そのような選択肢も頭の片隅に入れておいた方がよさそうです。

個人売買をする理由は人それぞれ。例えば、親子や兄弟など家族の間では、わざわざ不動産会社を介する必要はなく、書類上の手続きさえできれば、個人売買はむしろ利用価値が高いものといえます。

その最大の理由は、仲介手数料を支払わなくて済むから。不動産会社に支払う手数料は意外にかかるものです。この金額が浮くのなのでメリットはありそうですね。

仲介手数料の内訳

そもそも仲介手数料はなぜ発生するのでしょうか。それは不動産会社が負担する費用に他ならないのです。売却に至る過程でさまざまな業務をしなければなりません。業者は、そのコストを手数料という形で頂くことになります。

仲介手数料は不動産会社によってまちまちですが、この手数料を請求する上限金額は、宅地建物取引業法で定められています。

400万円を超える場合は、

(売却価格 × 3% + 6万円) + 消費税

という計算式で求めることができます。

1,000万円のマンションなら、388,800万円の仲介手数料が上限になります。これより安くするかは、不動産会社の判断に委ねられています。結構な仲介手数料が発生することは間違いないようです。

このようなことを考えるなら、個人売買を利用して仲介手数料をカットする意味は大きいようにも思えます。これこそがマンション売却における個人売買の最大のメリットといえるのです

個人売買のデメリット

あいまいな売却金額

メリットがあれば、当然デメリットもあります。個人売買の一番難しい点は、売却価格をいくらにするかです。不動産会社に委託すれば、担当者による査定が行われ、査定額が決まります。そのマンションの相場が、プロの目によって可視化されるのです。

そこから売却額が決定され、購入希望者との交渉がスタートします。これを個人でするとなれば、いきなり売却額を設定しなければなりません。その前提として、マンションの相場を理解しておく必要があります。

正直にいうとこれは素人には不可能というべきものです。家族や親族の間で売却をするなら、ある程度、値引きしてどんぶり勘定でもいいですが、他人との取引になるとそうはいきませんよね。

購入希望者の買主にとっても、相場を考慮した正確な金額を求めたいものです。その信頼性が揺らぎ、購入希望者は安心して価格交渉をすることができなくなります。

個人売買でもっとも重要な必要書類

売却が成立したら必要書類を揃える必要がありますが、売買契約書はもっとも重要な書類です。買主のローンが滞った場合の対応や、マンションに欠陥が見つかった時の瑕疵担保責任などを定めます。

トラブル回避のためには絶対不可欠な書類です。個人売買でこのような書類を素人がつくりことはできなくもありませんが、極めて難しいチャレンジです。さらに権利証など、日頃、お目にかからない書類も揃える必要があります。この他にも、いろいろ煩雑な書類が必要です。

このように見ると、契約時における書類作成はハードルの高い作業といえます。書類作成だけ見ても、個人売買のデメリットが一目瞭然です。

ここがポイント

個人売買は、法律的に問題はありません。だから不動産会社を通さずに、個人取引をすることは別にかまわないのですが、上記で述べてきた通り、メリットとデメリットが併存します。メリットはズバリ仲介手数料の削減です。売買価格によって、数十万円から100万円を超える手数料がかかるものです。

これはの出費になりますが、個人売買の代表的なデメリットでもある売却額の決定や、売買契約書を始めとする難解な書類作成を考えるなら、個人売買はあまりオススメできません。

個人売買のメリットである仲介手数料が多少かかっても、不動産会社に委託して安心できるマンション売却を選択することが、もっともコストがかからない取引になると思います。

コストとは、物理的な金銭の問題だけでなく、安全や信頼といった形になりえないものも含まれます。売却後のリスクを避けるためにも、個人売買は利用しない方が得策と筆者は考えます。

2020年7月現在でおすすめ
不動産査定サイト

現時点でもっともおすすめの不動産査定サイトは「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を同時比較できます。

オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。月間利用者1万人以上。全都道府県、無料でご利用できます。*新型コロナウイルス対策期間も稼働中