福井県中古マンション価格相場
〜福井市・敦賀市

福井県はマンションの供給率が非常に低い県です。福井市では北陸新幹線開業と市内再開発と相まって不動産価値が上昇トレンドに入り、中古物件の価値が若干高くなっています。

福井市

福井市は再開発が盛んで不動産が上昇トレンドに入っているようです。北陸新幹線開業が、「バブル期以来の上昇」とのニュースが流れています。

福井駅は、2023年春の新幹線開業が予定されています。駅周辺では再開発が進んでいます。2016年には、福井市中央にある超高層ビル「ハピリン」が開業しました。福井唯一のデパート、西武福井店もこのエリアです。駅西口は賑やかです。

一方、東口は、住宅地が広がっていましたが、近年は再開発が進み、ホテルなどが建設されるよになりました。福井駅周辺は再開発で変化しています。マンションの供給が少なかった市内は、大型のマンションが建設されるようになりました。中心部では6件のマンション建設されているようです。

福井市の都市データ(2020年)

  • 人口 264,356人(人口増加率 -0.82%)
    うち外国人 4,443人
  • 平均年齢 46.9歳
  • 世帯数 103,510世帯(1世帯あたり平均2.55人)
    • 老年人口比率 28.4%
    • 後期高齢者比率 14.68%
  • 持家世帯比率 67.4%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 1.7台

  • 平均所得(納税者) 321.3万円
  • 完全失業率 3.4%

  • 通勤・通学圏データ
    自市82.6% 坂井市4.8% 鯖江市2.8% 越前市2.3% 永平寺町1.2% あわら市1.1% 不詳2.0%

  • 子育て支援
    • 月額保育料 45,600円
    • 保育所など施設数 86
      利用児童数 8,532人(待機児童 7人)
  • 子供医療費助成制度
    中学校卒業まで(外来・入院)

敦賀市


JR北陸本線で福井駅から50分ほどの距離にある敦賀市は敦賀湾に面しています。市の規模に対してアピタ敦賀店などのショッピングモールや病院などが多く、コンパクトにまとまっています。

敦賀市は大津・京都に近く、北陸新幹線は敦賀市を経由して京都まで結ばれる予定です。敦賀市は賃貸の需要が高く、空物件が少ないようです。

敦賀市の都市データ(2020年)

  • 人口 66,016人(人口増加率 -1.86%)
    うち外国人 876人
  • 平均年齢 46.6歳
  • 世帯数 28,708世帯(1世帯あたり平均2.3人)
    • 老年人口比率 27.81%
    • 後期高齢者比率 13.88%
  • 持家世帯比率 69.4%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 1.47台

  • 平均所得(納税者) 314.3万円
  • 完全失業率 3.6%

  • 通勤・通学圏データ
    自市86.1% 美浜町4.6% 福井市1.6% 若狭市1.5% 越前市1.1% 小浜市0.6% 不詳0.9%

  • 子育て支援
    • 月額保育料 45,000円
    • 保育所など施設数 23
      利用児童数 1,975人(待機児童 0人)
  • 子供医療費助成制度
    中学校卒業まで(外来・入院)

豪雪地帯の立地条件

福井県は豪雪地帯です。マンション価値は立地が鍵になりますが、特に豪雪地帯では高台にあるマンションより、平地にある物件が好まれます。

高台の物件は寒く、路面凍結が厄介です。平地の物件は比較的暖かく交通のリスクが少ないメリットがあります。

2021年4月現在でおすすめ
不動産査定サイト

現在もっともおすすめの不動産査定サイトは月間利用者1万人以上の「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を同時比較できます。

オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。まず「机上査定」からはじめることをおすすめします。

かんたん60秒入力のイエウール
不動産無料診断はこちらから

全都道府県対応、完全無料。

ページトップ
  1. 福井市
  2. 敦賀市
  3. 豪雪地帯の立地条件
目次