茨城県のマンション売却事情
〜水戸市・つくば市・日立市

茨城県のマンション事情を紹介します。

水戸市のマンション売却事情


茨城県の県庁所在地である水戸市は行政、経済の中心地ですが、東京への通勤も可能なので人気のエリアです。特急電車なら水戸駅から東京駅まで1時間強の距離です。

北側の駅前通りは、古くからの繁華街で、北側には茨城大学水戸少年鑑別所があります。駅周辺では南口が賑やかで、県庁が移転した国道50号バイパス周辺の笠原周辺が水戸で一番の繁華街です。

水戸駅の南側にある千波町、元吉田町周辺が住居地として人気で、赤塚駅周辺も閑静な住宅街があり人気エリアです。広範囲で主用な施設が点在しているので、基本的に水戸市は車社会なのが水戸市の特徴です。

都内に住宅を購入するよりも、水戸市の都心部のマンションを購入する方が安上がりです。水戸駅から徒歩圏内にあるマンションは、そのような意味でも購入希望者が多数おり、東京への窓口として需用が高い地域です。

水戸市の平均売却価格は、築20年、65㎡で、1,400万円~1,500万円のレンジで推移しているようです。

水戸市の都市データ

  • 人口 270,783人(人口増加率 +0.75%)
    うち外国人 2,492人
  • 平均年齢 45.6歳
  • 世帯数 121,471世帯(1世帯あたり平均2.22人)
    • 高齢夫婦世帯数 12,368世帯
    • 高齢単身世帯数 11,734世帯
  • 持家世帯比率 56.5%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 1.52台

  • 平均所得(納税者) 338.25万円
  • 完全失業率 4.08% (若年層 6.36%)

  • 通勤・通学圏データ
    自市70.2% ひたちなか市6.3% 笠間市4.7% 茨城町2.5% 日立市2.3% 那珂市1.7% 不詳3.2%

  • 子育て支援
    • 月額保育料 57,000円
    • 保育所など施設数 74
      利用児童数 5,255人(待機児童 83人)
  • 子供医療費助成制度
    中学校卒業まで(外来・入院)

つくば市のマンション売却事情


つくば市は国内最大の学術都市「筑波研究学園都市」として発展してきました。各公的機関の研究所と大学である筑波大学が天王台にあり、日本学術をリードする街として国際的にも知られている地域です。

昭和の時代のつくば市は、大学や研究機関だけのある街とのイメージがありましたが、平成に入り街並みは大きく変化しました。大型商業施設なども開業し、随分、様変わりした感じを受けます。

つくば市の利便性が劇的に高くなったのは、2005年8月のつくばエクスプレスの開業からです。かつては東京からつくば市までは、土浦駅経由しかありませんでしたが、つくばエクスプレスの開業で、直接つくば市まで行けるようになりました。

つくばエクスプレスの起点駅である秋葉原からつくば市まで、最短40分ほどで行けるようになりました。以降つくば市は完全に東京圏になっています。エクスプレスの開業は、学園都市だったつくば市に商業圏、住宅地に付加価値を生み出すことにつながりました。

つくば市のマンションは90年代以降建設された物件が多いため、間取りなどによって、最低価格として1,000万円台はキープしています。1㎡あたりの平均単価が30万円近くあり、茨城県内でもトップレベルの売買価格を誇っています。

つくば市の都市データ

  • 人口 226,963人(人口増加率 +5.76%)
    うち外国人 6,131人
  • 平均年齢 41.8歳
  • 世帯数 92,151世帯(1世帯あたり平均2.36人)
    • 高齢夫婦世帯数 6,806世帯
    • 高齢単身世帯数 4,492世帯
  • 持家世帯比率 51.1%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 1.53台

  • 平均所得(納税者) 397.56万円
  • 完全失業率 3.08% (若年層 4.93%)

  • 通勤・通学圏データ
    自市63.1% 土浦市7.0% 牛久市2.3% 常総市2.0% つくばみらい市1.7% 千代田区(東京)1.5% 不詳3.5%

  • 子育て支援
    • 月額保育料 40,000円
    • 保育所など施設数 63
      利用児童数 6,046人(待機児童 182人)
  • 子供医療費助成制度
    中学校卒業まで(外来・入院)

日立市のマンション売却事情


日立市は福島県に近い街で、1910年から日立製作所の創業地で、住民の約40%は日立グループ関連の職員です。日立市は日立製作所を中心とした企業城下町として発展してきました。

幸町、鹿島町、多賀町、大みか町が人気です。住宅街としては、常陸多賀駅、その隣の大甕駅が人気エリアです。

基本的に、単身者は賃貸に流れるので、ファミリー向けのマンションにニーズがあるのが、日立市の不動産事情ではないでしょうか。

日立市の都市データ

  • 人口 185,054人(人口増加率 -4.19%)
    うち外国人 1,198人
  • 平均年齢 45.9歳
  • 世帯数 82,340世帯(1世帯あたり平均2.22人)
    • 高齢夫婦世帯数 11,330世帯
    • 高齢単身世帯数 8,900世帯
  • 持家世帯比率 65.2%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 1.41台

  • 平均所得(納税者) 323.71万円
  • 完全失業率 6.03% (若年層 7.85%)

  • 通勤・通学圏データ
    自市77.1% 水戸市4.4% ひたちなか市3.8% 高萩市2.6% 東海村1.9% 東茨城市3.3% 不詳4.1%

  • 子育て支援
    • 月額保育料 39,000円
    • 保育所など施設数 29
      利用児童数 2,370人(待機児童 38人)
  • 子供医療費助成制度
    18歳到達後最初の3月3日まで(外来・入院)

2020年3月現在でおすすめ
不動産査定サイト

現時点でもっともおすすめの不動産査定サイトは「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を同時比較できます。

オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。月間利用者1万人以上。全都道府県対応、無料でご利用できます。