熊本県(熊本市全5区)中古マンション価格相場

熊本市は2012年に政令指定都市になり、5つの行政区に分けられてから都市開発が進み、街並みの変化が著しくあらわれ、たいへん活気のある都市です。

各区を地価の高さ順にすると、中央区>西区>東区>北区>南区になります。

熊本市5区

中心部桜町で複合商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)」が2019年9月14日に開業しました。商業施設、バスターミナル、公益施設、ホテル、住宅、バンケット、シネマコンプレックスが一体です。

この巨大な再開発の注目度は高く、熊本市中心部の人の流れが大きく変わります。

さらに、熊本駅を挟んで、2020年冬に「熊本駅北ビル(仮称)」と、2021年春に「熊本駅ビル(アミュプラザ熊本)」が開業予定です。すでに熊本駅周辺には高層マンションなども建設されており、以前の地味な雰囲気から変わりつつあるようです。

新しい熊本駅が完成すれば、桜町に次ぐ商業地区が誕生するので、「桜町の再開発」&「熊本駅のリニューアル」の相乗効果は、熊本市のマンション価格にも影響を与えるかもしれません。

中央区


熊本市中央区は、熊本市の中心市街地です。

中央区はマンション価格が高いイメージありますが、他の区(下)と比べても実際はそれほどではないようです。

鉄道や路面電車の停留所の距離などがマンション価格に大きな影響を与えますが、他の区との価格差はあまり開きがないようにも思えます。

中央区の都市データ(2020年)

  • 人口 178,219人(人口増加率 +0.97%)
    うち外国人 2,702人
  • 平均年齢 44.1歳
  • 世帯数 94,250世帯(1世帯あたり平均1.89人)
    • 老年人口比率 24.21%
    • 後期高齢者比率 12.38%
  • 持家世帯比率 39.8%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 0.76台

西区

西区の都市データ(2020年)

  • 人口 91,091人(人口増加率 -1.98%)
    うち外国人 664人
  • 平均年齢 47.1歳
  • 世帯数 42,416世帯(1世帯あたり平均2.15人)
    • 老年人口比率 30.11%
    • 後期高齢者比率 15.74%
  • 持家世帯比率 56.8%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 0.97台

東区

東区の都市データ(2020年)

  • 人口 189,873人(人口増加率 -0.84%)
    うち外国人 1,024人
  • 平均年齢 43.5歳
  • 世帯数 85,398世帯(1世帯あたり平均2.22人)
    • 老年人口比率 23.31%
    • 後期高齢者比率 11.11%
  • 持家世帯比率 49.9%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 1.09台

北区

北区の中古マンション取引価格情報

北区の都市データ(2020年)

  • 人口 143,990人(人口増加率 -0.96%)
    うち外国人 850人
  • 平均年齢 45.8歳
  • 世帯数 63,706世帯(1世帯あたり平均2.26人)
    • 老年人口比率 27.67%
    • 後期高齢者比率 14.10%
  • 持家世帯比率 61.7%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 1.11台

南区

南区の都市データ(2020年)

  • 人口 130,932人(人口増加率 +1.57%)
    うち外国人 687人
  • 平均年齢 44.9歳
  • 世帯数 94,250世帯(1世帯あたり平均1.89人)
    • 老年人口比率 25.23%
    • 後期高齢者比率 12.76%
  • 持家世帯比率 63.2%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 1.25台

熊本地震以降に選ばれるマンション

2016年に震度7を経験した熊本地震が起こりました。この地震によってマンションが損壊する影響がありました。九州地方でマンションの耐震性がどれだけ大切か認識させた地震でした。

この地震災害から、マンション購入にあたって地震対策に注目されるようになりました。被災した5棟100戸の分譲マンション「上熊本ハイツ」は建替工事が進んでいます。

免震構造のマンションは、建物のダメージ吸収や、室内の揺れをも軽減する効果があるので注目されるようです。

2021年4月現在でおすすめ
不動産査定サイト

現在もっともおすすめの不動産査定サイトは月間利用者1万人以上の「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を同時比較できます。

オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。まず「机上査定」からはじめることをおすすめします。

かんたん60秒入力のイエウール
不動産無料診断はこちらから

全都道府県対応、完全無料。

ページトップ
目次