新潟県(新潟市)のマンション売却事情

新潟県新潟市ではマンション売買が活発に行われています。

新潟市のマンション売却事情

中央区

中央区は新潟8区の中で一番面積が狭いものの、最も人口(18万人)が多いという特徴があります。新潟市の中心繁華街を抱える中央区は、ビジネスの拠点でもあることから県全体の経済の中心地になっており。マンションが集中しやすい条件が整っています。

新幹線も乗り入れる新潟駅の利便性が評価されていて、ランドマークになっている超高層ビルの万代島ビルや、区役所が入居しているNEXT21ビルなどがあり、商業地として栄えています。

マンションの戸数も多い中央区ですが、その中でも人気になっているエリアが新潟駅周辺です。現在、南笹口に建設中の高層マンションサーパス新潟駅サウスガーデンは4LDK(91.89m²)で3,900万円程度から販売されています。

中央区の中古マンションの取引価格は、築年数28年で1㎡あたりの平均単価は20万円ほどです。平均面積56㎡のマンションでは1,200万円ほどで取引されています。

西区


西区のマンション市場も中央区と同じぐらい人気です。イオン新潟青山黒埼ショッピングセンターパルスなどのショッピングモールがあり便利なエリアです。

新潟大学があり学生が多い街なので賃貸物件が主流ですが、ファミリーサイズの間取りのマンションの需要が高い傾向があります。

西区の中古マンションの取引価格は、築年数27年で1㎡あたりの平均単価は15万円ほどです。平均面積70㎡のマンションでは1,100万円ほどで取引されています。

新潟は豪雪地帯が多く、冬季になると対策に追われます。室内に床暖房などが完備している物件は平均価格以上で取引されています。

新潟市の都市データ

  • 人口 810,157人(人口増加率 -0.22%)
    うち外国人 4,062人
  • 平均年齢 46.8歳
  • 世帯数 330,974世帯(1世帯あたり平均2.40人)
    • 高齢夫婦世帯数 32,671世帯
    • 高齢単身世帯数 29,423世帯
  • 持家世帯比率 66.0%
  • 車の保有台数 1世帯あたり 1.42台

  • 平均所得(納税者) 300.08万円
  • 完全失業率 3.96% (若年層 6.51%)

  • 通勤・通学圏データ
    自市88.9% 新発田市1.4% 燕市1.4% 聖籠市0.9% 三条市0.9% 長岡市0.7% 不詳1.8%

  • 子育て支援
    • 月額保育料 48,500円
    • 保育所など施設数 251
      利用児童数 22,479人(待機児童 2人)
  • 子供医療費助成制度
    小学6年生まで-3子以上世帯は高校卒業まで(外来)
    高校卒業まで(入院)

2020年4月現在でおすすめ
不動産査定サイト

現時点でもっともおすすめの不動産査定サイトは「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を同時比較できます。

オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。月間利用者1万人以上。全都道府県対応、無料でご利用できます。