大手引越し業者と地域密着引越し業者の違い
〜メリット・デメリット


引越し業者は大きく分けて「大手」と「地域密着」に分けることができます。どちらを使っても引越しすることに問題はありませんが、それぞれメリットデメリットがあるので、自分に合った業者を選びましょう。

大手業者の特徴とメリット・デメリット

大手業者とは、サカイ引越センターやアート引越センター、アリさんマークの引越社など、全国的にも名が知れていて、どこに住んでいても利用することができる業者のことです。

テレビや新聞などにもよく広告がでていて、ホームページも分かりやすいので、引越しが決まるとすぐに頭に企業名が浮かびます。

メリット

  • 建物の養生をしっかりしてくれる
  • オプションサービスが充実している
  • 十分なトラックと従業員がいる
  • 短距離・長距離どちらにも対応できる
  • 作業用資材がそろっている
  • 補償や保険が手厚い

大手の良さは面倒見が良いことです。住居や家具に傷つかないようにシートやカバーでしっかり養生し、そのための資材も十分に備えられています。

また、梱包資材も豊富で、ダンボールだけでなくトランクやハンガーボックス、シューズケースなどの便利グッズの貸し出しもやっています。業者によっては無料で引取りもしてもらえます。

長距離に対応しているのも大手です。チャーター便から混載便、JR貨物を利用した長距離輸送に対応している業者もあります。大阪から仙台といった500kmを超えるような引越しは長距離に慣れた業者の方が良いでしょう。

エアコンの設置やドピアノ、美術品、車やペットの輸送など、オプションサービスも充実しています。

荷物や住居の破損に対する補償も、大手の方が手厚いといわれています。

デメリット

  • 価格が割高になりやすい
  • 融通が利かないことが多い
  • 社員同士でコミュニケーションが取れていないことがある

一方で、大手の弱みはその規模の大きさにあります。5,000人も従業員もいるような大手企業だと、あらゆる業務が分業・マニュアル化されています。

そのため、パンフレットや手順書が充実しているのは慣れない人にはありがたいですが、パックやプランがあらかじめ設定してあるため、融通が効きにくいという欠点があります。料金決定の権限を持つ人が限られているので、価格交渉も中小程には応じてもらえません。

コールセンターの人、営業に来た人、作業に来た人、すべて別人なので、申し込んだ時と現場で話が食い違うというトラブルも少なくありません。

私も、営業の人はOKいたのに現場の人が「聞いてない」といって険悪になった経験があります。。

大手が向いているケース

  • 家族人数が多い
  • 荷物量が多い
  • 引越し初心者
  • 長距離の引越し
  • 完全おまかせで引越したい

地域密着業者の特徴とメリット・デメリット

地域密着業者とは、エリアに根差した中小の引越し業者のことを指します。代表的なものは「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」、いわゆる「赤帽」です。

赤帽は貨物軽自動車運送の個人事業主の集まりですが、それ以外にも、地域や都道府県や市区町村などエリアを区切って事業を展開している中小企業がたくさんあります。

メリット

  • 料金が比較的安い
  • 時間やサービスの融通が利く
  • 地元業者の安心感がある
  • 作業員のチームワークが良い

地域密着業者の良いところは、コストの安さと柔軟性にあります。広告料など余計な経費が掛かっていない分もともとの料金設定が低めで、プランやコースが固定的ではいので価格交渉がしやすいといった特徴があります。

サービスに柔軟性があると、たとえば自分も搬送を手伝う代わりに料金を安くして欲しいなどの相談が可能になるのです。

規模にもよりますが、少数でやっているところはいつも同じメンバーで作業するのでチームワークが良くスピーディだといわれています。ただ大手のように社員教育は充実していないので、個人差があります。

デメリット

  • 長距離には対応していない
  • サービス内容が業者ごとに異なり事前に分かりにくい
  • 大手ほどは養生が丁寧でないところがある
  • 大きい家具や家財が運べないことがある
  • 保険や補償が充実していないことがある

地域密着業者には、大型家具を運んでくれない、梱包材が付いてこない、家具が壊れても補償してくれないといった評判が多いのですが、実際には業者によってバラバラです。

エリアを限定しても大手とそん色ないサービスをしているところもあれば、荷物だけは運んでくれるけど…といったレベルのところもあります。

さらに、そもそもサービス内容がきっちり決まっていないこともあり、事前に把握ことが難しいのが難点です。

ただでさえたくさんの業者から選ばなければならないのに、1件1件問い合わせないと詳細をつかみにくいとなれば、忙しい人や判断基準がまだ明確でない人には荷が重いでしょう。そういう意味では初心者向きではありません。

地域密着業者が向いている人

  • 価格を抑えたい
  • 引越しはある程度慣れている
  • 荷物量が少ない
  • 自分で荷づくりや搬送の手伝いができる

引越料金は業者によって
最大50%の差があります!

2020年3月現在でおすすめの「引越し一括見積りサービス」は、リクルートが運営するSUUMO(スーモ)引越し見積もりです。大手から地域密着型まで引越し業者から無料で一括見積りができ、一番安いサービスを選ぶことができます。

このサービスの最大のメリットは、全てのやりとりをメールだけで完結できることです!ご利用に電話番号の登録が必須ではないので、他社の一括見積もりのような鬱陶しい電話がかかってきません。