マンション売却の5つの失敗事例
〜対策方法を紹介します


これからマンションを売ろうと考えていて、失敗しないか不安に思っている方は多いのではないでしょうか。マンションを売却して「失敗した!」という話は結構あります。これからマンションを手放そうと考えている方、将来的に売ろうと思っている方に向けて、「マンション売却の失敗事例」とその「対策方法」についてご紹介します。

マンション売却失敗する事例と、対策方法を5つ紹介していきます。

時間に余裕がなかった

マンション売却で失敗してしまう原因の1つ目は、時間に余裕がないことです。これはマンションだけに限らず、戸建ての場合も同じです。

不動産業界では時間がなく焦って安く売ってしまうことを「売り急ぎ」と呼び、その反対に、焦って高く買ってしまうことを「買い進み」と呼びます。

時間に余裕がないと売り買いどちらも大きな失敗の原因になります。

マンションの売却活動期間は3ヵ月程度はかかり、さらに買主が見つかって売買契約から引き渡しまで1ヵ月はかかるので、4ヵ月の期間は見た方がいいでしょう。

この失敗事例の対策方法は時間に余裕を持つことです。マンションを高く売る時はしっかりと時間を作って余裕を持って売り出していきましょう。内覧の準備などを考えると6カ月間の猶予があれば問題はないですが早めに、準備しておくことには越したことはありません。

売り急ぎで失敗しないように時間には余裕を持って計画を立てましょう。

相場を調べなかった

マンションを売るとき、はじめに相場を調べない方が意外と多いのですが、これも失敗事例の一つです。相場を知らないということは、不動産会社に査定を依頼したときに、その査定額が適正なのか安いのか逆に高すぎないかの判断ができないからです。

相場を知らないと、安く売りに出すことになってしまい損をしてしまう可能性があります。また、逆に高く売りに出してしまって、なかなかマンションが売れないこともあるので注意しましょう。

事前に相場を知ることは重要です。マンションを売却する前に、近隣の同じようなマンションの物件が同じ時期に売り出されていることが結構あります。マンションがいくらで売られているのかを知れば、大体の相場を知ることができます。

また、同じマンションの物件や似たようなマンションの売り出し価格がわかっていれば売り出し時期をずらしたり、類似物件の価格に寄せるなど販売戦略を考えやすくなります。

不動産会社選び

不動産会社選びマンション売却で重要です。不動産会社の選定を失敗してしまうと、マンションを売るときに大きな損をしてしまう可能性が出てきます。

不動産会社に査定を依頼した後は、不動産会社と契約を結ぶことになります。そこで売却活動をやってもらえないところに契約を結んでしまうと、中々買い手が見つからず時間だけが過ぎてしまう危険性があります。

マンション売却は時間が経つにつれて難しくなるので、売却活動を真剣に行ってくれない不動産会社を選んでしまうと、適正価格でもなかなか売れずに、結果値下げをしないといけません。

この失敗事例の対策として、査定などを依頼する時に1社だけに絞らずに、複数の不動産会社に依頼しましょう。そして、その査定額で周辺事例などを含めて根拠を示せるのであれば信頼性が高い不動産会社と考えられます。

内覧前に清掃ができていなかった

売却の準備が整って売却活動を行ったとしても清掃ができてなく、内覧で失敗してしまうケースがあります。内覧とは購入希望者の方に部屋の中を見せる対応のことです。

部屋の中が汚ければ、内覧に来た人の印象も悪くなってしまい購入意欲をなくしてしまう可能性が高くなります。

どれだけ部屋を綺麗に見せるかが重要になります。内覧は毎週土日に入ることが多く、その度に掃除をしていたら大変なので、初回の内覧前に部屋の中にあるもので要らない物は先に処分してしまいしょう。

部屋が綺麗になるだけでなく、引越し時もいらないものを先に処分しているので手間が少なくなります。捨てられないものがあるなら、実家に預ける、倉庫を借りるなどして部屋からモノを無くす努力をしましょう。

また、ハウスクリーニングなどのプロに依頼をしてキッチンなどの水回りを綺麗にしておくと、ぐっと印象が良くなるのでおすすめです。

不動産会社とのコミュニケーション不足

売り出しを依頼した後に、不動産会社とのコミュニケーションは重要になります。よくあるパターンとして、営業マンが最初のうちは色々な購入希望者を内覧に連れてはきてくれますが、しばらくすると誰も連れてこなくなることがあります。

これは営業マンが複数の案件を抱えていて、「この案件はこだわりがあって決まりそうもないな」と感じてしまうと、他の決まりやすい物件や案件に力を入れるようになるからです。

営業マンも会社の成績を上げなくてはいけないので、難しいものは放置するケースga多いです。その結果、売却活動が進まなくなってしまいます。

この失敗を避けるためには、積極的に営業マンとコミュニケーションを取ることが大事になります。最低でも週1程度はあなたから電話をかけて、購入希望者がなかなか購入まで至らない原因を話し合うことが大事です。

営業マンと積極的に連絡すると、購入希望者の反応も素直に聞くことができ、より現実的な価格調整ができます。売主から連絡が来れば営業マンにも緊張感が沸き、買主を見つける意識が働くようになります。

売れても要注意!税金について知っておこう

次は税金について紹介していきます。売れた後の税金について勉強をしておかないとマンション売却に失敗するので詳しく見ていきましょう。

マンション売って利益が出た時は注意しよう

マンションを売って得たお金のことを「譲渡所得」と呼びます。この譲渡所得の計算方法としては下記となります。

譲渡価格 – 取得費 – 譲渡費用 = 譲渡所得

※譲渡価格とは売却額で取得費とは土地などを購入した額、譲渡費用は仲介手数料など家の売却時にかかった経費です。

買い替えをする場合は、マンションを売って売却益が出た時は「3,000万円特別控除」を使う事で節税することが可能です。

譲渡価格 – 取得費 – 譲渡費用 – 3000万円 = 譲渡所得

しかし、買い替えで3000万円の特別控除を使ってしまうと、購入物件の住宅ローン控除が使えなくなってしまうので注意が必要です。

住宅ローン控除と3000万円の特別控除は同じタイミングで利用できないため、どちらか一方の選択となります。

一般的には3,000万円控除よりも住宅ローン控除の方が節税効果が高いので、買い替えで住宅ローン控除を利用しようと考えているのであれば、3000万特別控除を安易に使わない方がいいでしょう。

2020年4月現在でおすすめ
不動産査定サイト

現時点でもっともおすすめの不動産査定サイトは「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を同時比較できます。

オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。月間利用者1万人以上。全都道府県対応、無料でご利用できます。