マンション売却は仲介or買取?
それぞれのメリット・デメリット

マンションを売却する方法には仲介と買取の2つの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。メリットとデメリットを理解することでマンションを売却しなければならない理由や条件によって、うまく使い分けられ上手なマンション売却ができます。

2つの方法がそれぞれどのような売却方法か、また、それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。

仲介によるマンション売却とは

仲介による売却方法とは、マンションを仲介する不動産会社に売却を依頼して売却する方法です。不動産を仲介する会社は、マンションの売却を進めるためにインターネットや雑誌などへの広告掲載や、新聞折込チラシなどで購入希望者を探して販売活動をおこないます。

そして、マンション購入希望者が見つかると不動産仲介会社は、マンション売却希望者と購入希望者との間を仲介して売買価格や販売条件の調整、売買契約手続きの進行、契約完了からマンションの引き渡しまでをサポートします。

買取によるマンション売却とは

買取によるマンション売却とは、売却を希望するマンションを不動産販売会社に査定の依頼をして、現金で買取ってもらって売却する方法のことです。

マンションの購入希望者を探す必要がないので、速く売却できます。

仲介と買取によるマンション売却のメリット・デメリット

マンション売却を仲介か買取かを選択するときのポイント

仲介でマンション売却するときのポイント

仲介でマンション売却を進めたほうがよいのは以下に該当するときです。

  • できるだけ高額で売却したい
  • 売却までに時間がかかっても問題がない(売却資金の必要時期に制限がない)
  • 売却価格が確定しなくても問題がない(売却資金を当てにした資金計画に余裕がある)
  • 売却価格以外に仲介手数料やリフォーム費用が発生しても問題がない
  • (居住したまま売却をすすめるとき)マンション購入希望者が内覧に来ても問題がない
  • マンション売却を進めていることが分かっても問題がない
  • 瑕疵担保責任リスクがあっても問題がない

買取でマンション売却するときのポイント

買取でマンション売却を進めたほうがよいのは以下に該当するときです。

  • 仲介よりも売却価格が安くなっても問題がない
  • 売却価格よりも売却時期を早くしてマンション売却資金を利用したい
  • 手持ち資金が少なくマンション売却までに必要な経費を支払う余裕があまりない
  • マンション売却をしている事実を知られずに売却を決めたい
  • 瑕疵担保責任が生じて経費の発生や売買契約の解消は絶対に回避したい

マンション売却での仲介と買取の上手な利用法

マンション売却時点では仲介と買取を明確に決めるポイントがなくても、漠然と「最悪でもこの時期までには売却を完了させないと困ることになる」という理由があるかもしれません。そのときは、どうすればよいでしょうか?

一般的には、まず希望するマンション売却価格を少し高めに設定して仲介で売却を進めます。売却が決まらなければ、マンション売却資金が必要になる時期までには確実に売却が可能と考えられるまで売却価格を下げて売却を進めます。

通常であれば、これで売却資金が必要な時期までにマンションは売却できます。

もし、希望売却価格を下げるころに状況が変化して、売却価格よりも売却時期を確実にしなければならなくなったときは、仲介を依頼している不動産会社にまず買取が可能かを確認します。買取が可能であれば買取価格を査定してもらいます。

この価格で満足できれば、仲介で売却できなかったとき買取をしてもらうことで確実に売却ができます。買取ができないときや、買取査定額に満足できないときは、別の不動産会社に買取査定を依頼して最も高額な査定額を提示した不動産会社に買取ってもらうことで確実にマンションを売却できます。

買取査定額は不動産販売会社によって大きく変わることがあります。

最初の査定額に満足であったときも複数の不動産会社に査定を依頼することをおすすめします。

2020年4月現在でおすすめ
不動産査定サイト

現時点でもっともおすすめの不動産査定サイトは「イエウール」です。約60秒の入力時間で、全国1,600社以上の不動産会社から、最大6社の査定額を同時比較できます。

オンライン入力のみでおおよその価格を知ることができる「机上査定」、実際に不動産業者が訪問して査定する「訪問査定」を選択できます。月間利用者1万人以上。全都道府県対応、無料でご利用できます。